ArtLib(アート・リブ)

アーティストさんの情報発信の場を作っていきたいというハナシですが、ArtLibというカタチで10月よりスタートさせます。

一写真家として細々と活動しているワタクシですが、その悩みとして「作品を見てもらう場所がない」というのがあります。

もちろんお金を出せばギャラリーを借りることはできますし、作品を持ち歩いて個別に交渉すれば展示する場所を見つけられるとは思います。
しかしながら、ギャラリーを借りるお金もなければ、個別に交渉するような時間もなかなかとれません。

そして、それは私の悩みであり、多くの若いアーティストさんの悩みでもあったりします。

そこで、そんなアーティストさんを取りまとめ、お店やスペースをお持ちの方に作品を無償で作品を展示させていただこうという計画です。

第一弾として、ニシナ屋珈琲さまのなかまち店と古江店。そして、株式会社文華堂の八丁堀店・・・いずれも好立地の場所をご提供していただくことになりました。

そして、第一弾参加アーティストさんは、東京からいずみ朔庵さん、そして広島からは手前味噌ですがが作品を展示することになりました。

そして、これは一過性のものではなく、次々と全国から素晴らしい作品を造り出すアーティスト・クリエイターに参加していただく予定です。

ArtLibの「Lib」には、アートの持つ原始衝動的なエネルギー(libido)、そして、多くの作品のライブラリ(library)的な存在でありたいという願い。そして作品を観てもらいたいというアーティストの願いの前に立ちはだかる主に金銭的な(苦笑)制約からの自由(liberation)という意味を込めて名付けました。

まだ立ち上げたばかりの活動ですが、とにかく続けていこうと思います。
ぜひよろしくお願いいたします。